人と仕事を知る 人と仕事を知る

人の役に立つものを、
造り続けて行きたい

2013年4月入社

松田成美NARUMI MATSUDA

所属:関西支店 土木部
環境園芸学部 環境園芸学科卒

現場が変わるたびに新しい仕事にチャレンジ

「彩都の現場では水道(みずみち)を造り、浸透水、地下排水などを防いで盛土に均一の強度を確保する構造物工事の仕事をしています。造成工事の場合、土を盛っていく土工事を円滑に進めるために、排水溝などの構造物を作る必要があります。基礎部分の工事となり、次の作業である盛土工事を円滑に進めるためにも、しっかり造らなくてはなりません。この部分が終わらないと次に進めないですからね。

先輩からは、まず一旦自分で考えて行動するよう言われます。分からなかったら丁寧に教えてくれる。設計図面を見て、自分の担当部分の品質の規格などを読み込み、業者の方に指示をしていきます。それが出来ているかの確認や、写真などにして記録に残すのも仕事です。現場で難しいと思うことは、水道の勾配関係や盛り土の上がり具合によって、勾配が違ってくることがたまにあるとことです。その時は測量のやり直しをしなくてはなりません。以前は高速道路の工事に携わっていましたが、構造物の工事はこの現場が初めて。入社以来、現場が変わる度に常に新しい仕事になるので、緊張の日々です。

  • 現場が変わるたびに新しい仕事にチャレンジ
  • 現場が変わるたびに新しい仕事にチャレンジ

丸磯建設に入社しようと思ったのは、父が建設業界で働いていること、そして重機が好きだと言うことが大きかったです。父が和歌山の高速道路の工事現場で働いている時、興味があったので見学に行きました。そこで働いている丸磯建設の職員の人に、いろいろ話しを聞きました。仕事内容や重機の説明など、とても詳しく教えてくれて、とても印象が良かったんです。丸磯建設って良い会社だなと思いました。その時説明してくれた所長は、今一緒の現場で働いています。」

将来は現場全体を回せる社員になりたい

「現場では自社の社員はもちろん、いろんな作業員がいるので、その方たちを一つにまとめて作業を進めていかなくてはなりません。私は、そういうところで上手く現場をまわしていける社員になりたいと思っています。今も一つのセクションでは仕事の管理を任されていますが、将来的には工事全体を回せる社員になりたいです。そして、人の役に立つもの、例えば道や土塀など、品質がしっかりして、人々に信頼されるものを造っていきたいと思っています。

  • 将来は現場全体を回せる社員になりたい
  • 将来は現場全体を回せる社員になりたい

後輩へのアドバイス

後輩にアドバイスするとしたら、とにかく元気で仕事をすること。どの仕事もそうだと思いますが、体調を崩した場合、他の人が代わりにしてくれたとしても、その人の分の仕事が滞ってしまう。建設業のように外でする仕事の場合は、天候などにも左右されやすく、特に支障が出てしまうからです。丸磯建設はアットホームな会社。仕事もプライベートも先輩がフォローしてくれるので、健康管理だけは自分でしっかりしなくてはと、自分自身が思っています。」

丸磯ではたらくということー人と仕事を知るー